「おさかな星」

『おさかな星』

おさかな星
『力持ち』

真ちゃんはおとうさんが大好きでした。

お父さんと真ちゃんは、つりをしていました。

「ひいてるよ。」

「やった。二ひきも」

「お父さん、やった。すごい!」

「ぼくも手伝うよ。」

真ちゃんはお父さんの手をつかみました。

「よし、いいぞ!」

ふたりの声がお母さんにも聞こえました。

「親子だね!ぼくたちといっしょだ!」と真ちゃんはお父さんの顔をみつめました。

すると、おとうさんは笑いながら

「釣ったら、逃がしてあげようか、真ちゃん」と言いました。

そして真ちゃんがうなずくと、お魚さんを海に離してやりました。

おさかな星

しばらくしてお父さんは、真ちゃんを膝の上に座らすと、おはなしをはじめました。

ある海の近くの村に、漁が上手な青年が住んでいました。

青年は、いつも海にでかけて、たくさん、魚をとっていました。

ところがある日。

青年が、暗くなっても、村に帰ってきませんでした。

そして、つぎの日も、またつぎの日も・・・・

「どうしたのだろう!」

村の男たちは、青年をさがしに、海へ出ていきました。

そして大声で、青年のなまえを呼びました。しばらくすると、海の中から、

「だいじょうぶ。大丈夫、探さないで」と、青年の叫ぶ声が聞こえてきました。

だけど、青年はどこにもいません。みんなは、海に飛び込みました。

すると、みんなの耳に

「みんな、そんなにバタバタあわてないで!」と、聞こえてきました。

みんなはすぐに

「わかった。どこにいるの!」と、さけびました。

すると「ここだよ。」と、また、きこえてきました。

そして、みんなのまえに、おおきな魚がやってくると、ぱくりと、口をあけました。

青年は、笑って手を振っていました。

「わあ、そんなところに ! 」

そして、男たちは、魚の口の中の入った青年といっしょに村の近くまで、やってきました。

すると、魚は口をとがらして、ふうーと青年を浜辺に、ふきとばしました。

そして、すぐに、ふかい海に、もどっていきました。

青年や男たちは、また、漁をつづけましたが、それからは、つった魚に、

「ありがとう」と、手を合わせることにしました。

真ちゃんはお父さんに、

「そのおさかなさんは ? 」と、尋ねました。

おとうさんは

「きっと魚の王様だよ。」と、教えてくれました。

そして、真ちゃんとお父さんはお空に、光った星をみつけました。

たくさんの星は、おさかなさんのようにひろい海を、およいでいるようでした。

ふたりは一番、キラキラ光る星を

「おさかなさんの、ほし」と、呼ぶことにしました。

真ちゃんが、手をのばすと、おさかなさんの星は

「ふたりは仲良しね」

「たのしかった!」 と、話してくるようでした。

真ちゃんは、お父さんの手を、ぎゅーと、つかんで、はなしませんでした。

おさかな星